禁煙をするには、なぜ禁煙ができないのかというメカニズムを知っておくことも大事でしょう。ニコチンがどのように作用しているのか、依存を止めるにはどうすればいいのかを医学的視点から覚えておきましょう。

白くて金色の煙草
  • ホーム
  • ニコチン依存症を克服する方法

ニコチン依存症を克服する方法

煙草を吸っている男性

なぜ禁煙が難しくなるのかというと、理由としてニコチン依存症になっているからです。ニコチンに依存した脳になる事によってタバコを求める気持ちが強くなりますし、タバコを吸わずにいる事によってストレスを感じるようになってしまいます。そしてストレスを解消する為にタバコを吸ってしまい、禁煙に失敗してしまうケースが非常に多いとされています。
つまりタバコを止める為にはニコチン依存症を克服する必要があるのですが、依存症から抜け出す為には、やはりニコチンを摂取しない事が必要不可欠です。しかしながらニコチンを摂取しないと口で言うのでは簡単ですが、実践するとなるとなかなか大変なものです。
ニコチンの誘惑に勝てない時には禁煙治療薬を利用してみるのも良いかもしれません。
特に有効性のある治療薬として飲み薬があるのですが、飲み薬を利用する事でニコチンを摂取せずにいられる状態にする事ができます。その理由は飲み薬にドーパミンを放出させる働きがあるからです。

そもそもタバコを欲しがってしまう理由は、ニコチン無くしてドーパミンを放出させる事ができない状態になっている為、ドーパミンを放出させる為にニコチンが欲しくなるからです。つまりドーパミンの放出を行う事ができればニコチンを求めずに済むのですが、その為の役割を飲み薬が行ってくれるという訳です。
そして飲み薬による対策を継続する事によってタバコを求める気持ちも和らげていく事ができますし、最終的に禁煙に成功する事ができるのです。
因みに飲み薬にはタバコを不味く感じさせる作用もあります。吸った時の満足感が無くなりますので、タバコに対してマイナスのイメージを植え付けてくれるのも飲み薬が活躍する理由の一つとされています。

人気記事一覧