禁煙をするには、なぜ禁煙ができないのかというメカニズムを知っておくことも大事でしょう。ニコチンがどのように作用しているのか、依存を止めるにはどうすればいいのかを医学的視点から覚えておきましょう。

白くて金色の煙草
  • ホーム
  • 禁煙活動をするアレン・カー

禁煙活動をするアレン・カー

煙草と灰皿

アレン・カーは、イギリス人の禁煙活動家で、代表作である禁煙セラピーは読むだけでタバコを止められるというほどの高い評価を得ている名作です。
タバコには全くメリットがないということが論理的に記されており、これにより禁煙に成功したという人が世界中に存在しています。

しかし、そうはいっても止められないのがタバコです。
これはニコチンという非常に強い中毒性がある物質を含んでいるからであり、タバコから離れて数時間もすると強い渇望感に見舞われてしまいます。
これは、ニコチンが脳内の受容体と結合することにより精神を安定させるドーパミンを分泌することが関係しています。
これが常態化してしまうとニコチンなしではいられなくなってしまうのです。

この仕組みを利用した新しい禁煙の内服薬がチャンピックスで、医療機関でも処方されています。
チャンピックスの具体的な作用は、脳内の受容体に代わりに結合することで、ニコチンが結びつくことを妨害するという内容です。
また、チャンピックスが結合することにより少しだけ快楽物質が分泌されるので、禁煙による禁断症状はかなり軽減されることになります。

この為にチャンピックスによる禁煙は、アレン・カーが提唱している方法よりもスムーズにタバコから離れることが可能であり、健康保険が適用されるので費用もそれほど高くなるわけではありません。
チャンピックスにアレン・カーの禁煙セラピーを読むという方法を加えることにより、さらに成功率を高くすることが可能です。
東京都北区で禁煙外来を希望している場合は、まずは問い合わせしてみるのが適当です。

人気記事一覧